引越しSOS

引越し一括見積もり比較サービスを使う前に知っておきたい5つの事

インターネットやスマートフォンの普及で、引越し業界でも便利なオンラインによる「一括見積もり比較サービス」が登場し便利です。

24時間、365日、無料でいつでも引越し内容を入力するだけで、簡単に複数の業者から見積りをゲットできます。

エリアは北海道から沖縄までの全国対応。1社ずつ個別に問い合わせる時間と手間が省けるので好評です。

このサービスを賢く利用して、お得な引越し業者を選びましょう。

複数の引越し業者から一度に見積り

引っ越し業者には、下記の表のようなテレビCMなどでお馴染みの大手から、企業規模が異なる中小や地元密着型など様々な企業があります。

ファミリーサイズや単身の引越しをメインとしたり、長距離や近場を得意としたり、大規模な輸送システムを用いた費用が安い業者や低料金で高サービスを売りにする業者など、意外に知られていない良質な業者まで様々です。

「一括見積もり比較サービス」を利用すれば、これらの多彩な引越し業者から、一回の申請で同時に複数の見積りを取れるので、自分の条件に合った企業を簡単に見つけることができます。

主要な大手引越し業者(あいうえお順)

引越し業者名 フリーダイヤル ホームページ
アート引越センター 0120-0123-33 http://www.the0123.com/
アーク引越センター 0120-07-0003 http://www.0003.co.jp/
アリさんマークの引越社 0120-00-2626 http://www.ari2626.jp/
クロネコヤマト 0120-008008 http://www.008008.jp/
サカイ引越センター 0120-30-1141 http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/
日本通運 0120-154022 http://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/
ハート引越センター 0120-66-8100  http://www.hikkoshi8100.com/

複数の引越し業者の見積もりを比較できる

この「引越し一括見積もりサービス」を利用する長所は、①業者選びが簡単で便利、②費用の相場が分かる、③大小複数の業者からの見積もりを比較できる、④最も費用が安い業者が見つかる、などです。

①業者選びが簡単で便利

オンラインで自分が希望する引越し内容を入力するだけで、大小を問わず、複数の企業へ同時に一括して見積もりを受けられるので、1件ずつ個別に問い合わせることに比べると各段に簡単で便利です。

②引っ越し費用の相場が分かる

「引越し一括見積もり比較サービス」を依頼すると、各業者は、希望する条件や内容をもとに費用の概算を算出します。通常、家族または単身の平均的な荷物量や運送距離、時期などから割り出し、各社ごとにある独自の算出基準に基づいて引っ越し費用を計算します。

③大小複数の業者からの見積もりを比較できる

それぞれの業者から届いた見積りを目安にすれば、大体の引っ越し費用の目安や相場が分かるので、選ぶ場合の大きな比較材料の一つになります。

④最も費用が安い業者が見つかる

「引越し一括見積もり比較サービス」を利用すれば、比較的簡単に相見積もりができるので、利用者としては最も関心が高い、最も安い業者を見つけることができます。

 

特に、引っ越し費用できるだけ抑えたい場合は、この相見積もりは有効です。

というのは、業者側も相見積もりということが前提と分っているので、契約するために他社の相場から値引きした価格を提示する場合もあるので、条件次第では最も高い見積りをした業者の半額ほどで済むケースもあるようです。

短所は相見積もりしかできないこと

この「引越し一括見積りサービス」は、あくまで複数の業者から、同時に見積りを簡単に無料で依頼できるのですが、最大の短所は相見積もりしかできないことです。

契約したい引越し業者が見つかれば、そこから先は直接、業者に依頼の電話またはメールを送る必要があります。

急ぎの引越しとなる場合は、オンラインの予約サービスが便利です。引越しの荷物量、引っ越し先などの情報や希望する条件を入力すると、見積り料金やサービス内容、相場が表示され、即時に予約まで可能です。

引越し一括見積もりサイト利用の流れ

「引越し一括見積りサービス」の利用法は、まず基本情報の入力です。名前、現住所、電話番号、引越し先の住所などをはじめ、引越し予定日、人数などの必須項目を入力します。

荷物量や付帯サービスを選び、人数や建物の階数、エレベーターの有無などの任意項目もあります。

運んでもらう家財道具などの荷物量については、未定や訪問見積もりを希望する場合は未入力のまま次へ進みます。荷物のリストには、テレビや冷蔵庫などの大型家電のほか、ベッドや布団、バイク、エアコンなどの選択項目もあります。

荷造り用のダンボールの数量については、大体の概算で個数を入力しておけば、足りない場合はもちろん追加で手配してくれます。

付帯サービスの希望は、荷造りや梱包、荷ほどき、不用品の処分など依頼したい項目を選べます。

すべての入力が終われば、内容を確認します。問題なければ、依頼ボタンを押して送信します。 これで一括見積もりは完了。入力した内容に基づいて、概算の費用が出ますので、確認しておきましょう。

各引越し業者からの見積りは、早ければ当日中、遅くとも通常は2日以内には届きます。例外的に、繁忙期や休業日をまたぐ場合は回答が遅くなるケースもあります。

主な引越し一括見積りサイト

サイト名 ホームページ
引越し価格ガイド https://a-hikkoshi.com/
ズバット引越し比較 https://www.zba.jp/hikkoshi/
HOME’S引越し  https://www.homes.co.jp/hikkoshi/

見積りを安く、お得な引っ越しのポイント

cp2

オンラインで「引越し一括見積りサービス」を利用して、見積りを安くする方法と、お得に費用を抑えるポイントは、①引越し希望日、②時間指定、③各種キャンペーンや特典の利用です。

①引越し希望日

引越しの希望日は、どうしても週末の土日や祝祭日に集中します。需給のバランスで費用は割高になりますが、逆に、平日なら比較的費用が安くなる傾向があります。

②時間指定

引越し作業の開始時間は、午前中を希望するケースが多いのが通常です。そこで、近場の引越しや単身で荷物量が少ないなど、時間にこだわらない場合は午後が狙い目です。

業者はトラックやスタッフを遊ばせておくより、午後のスケジュールが空いている場合は、費用を割り引いてでも契約するので、午後を依頼して安くする方法もあります。

③各種キャンペーンや特典の利用

引越し業者によれば、お得な割引キャンペーンや特典を実施している場合があるので、ぜひ、うまく利用しましょう。

一括見積もりサービスを使う上での注意点

オンラインで「引越し一括見積りサービス」を使用するときに気を付けないといけないのが、入力情報を間違わず、正確にインプットすることです。

特に、荷物量や引越しの条件などは、見積もり料金や概算費用の算出基準となるので、何よりも正確な情報を入力する必要があります。

ここが食い違うと、実際の引越し内容と異なり、正確な費用の提示にはなりません。

連絡手段となる電話番号やメールアドレスにも注意しましょう。これらが間違っていると、引越し業者とコンタクトできなくなります。

万が一、入力内容を間違えてしまったり、送信後、数日たっても引越し業者から連絡がない場合は、電話(フリーダイヤル)や問い合わせフォームから連絡しましょう。

うるさい見積もり電話で迷惑な場合

この「引越し一括見積りサービス」を利用した場合、各引越し業者からメールや電話で連絡があります。この業界も競争が激しいので、大手の引越し業者には専門のスタッフを配置し、早い時には数分後に連絡がくるケースも珍しくはありません。

こちらの都合も考えない、うるさい見積もり電話で迷惑な場合には、見積もりだけではなく、オンラインで見積もり費用の確認から依頼まで可能な「引越し予約サービス」が最適です。

提示された見積額で本当に引っ越しできるのか?

引越しの費用は、個々のケースによってそれぞれ異なります。

そういう意味では、「引越し一括見積りサービス」を利用するのは便利ですが、入力した条件が実際と違っていたり、梱包できるはずの荷物が規定の段ボールに収まらないような場合は、追加料金が発生する可能性があります。

引っ越し当日は、見積書または契約書に記載された内容に従って作業が行われます。つまり、見積書の記載内容にない作業が増えると、料金が追加されるケースがあります。

見積書の記載ミスや漏れによる追加作業は、依頼者と引越し業者の間で、認識が食い違っていたり、コミュニケーション不足の場合が大半です。こういうリスクを避けるには、実際に業者の担当者に来てもらい、正確な見積もりを取るのがベターです。

最終的には、引越し業者と少なくとも電話、または訪問見積もりなどで依頼する内容の確認を行うことをおすすめします。

賢く「引越し一括見積りサービス」を利用して安く引越しましょう!

引越しの見積もりは、一括比較サービスだけではなく、各引越し業者のウェブサイトなどからも依頼できます。

相場や費用の違いから最も安い業者を見つけたり、時にはお得なサービスやキャンペーンもあるので、うまく利用すれば有益です。

引越しは新しい生活のステップなので、スムーズに始めるためにも、複数の業者から見積もりを取り、比較して業者を決めたら、訪問見積もりで正確な費用を知ることが大切です。

賢く利用して、お得で安い引越しを実現しましょう!

 - 引越し費用

  関連記事

引越し料金を安く済ませるには?私が得した4つの方法を大公開

いざ引越しをするとなると、大きな金額が必要になりますね。そして、新しい暮らしをスタートする際にも、まとまったお金が出て行きます。「引越し」と...

引越しで業者から納得の見積もりを取るための3つのポイント

引越しは誰にとっても面倒で手間のかかるものです。 「どこから手をつけようか?」 「どの業者にどんな方法で依頼すればいいの?」 などお...

車に乗る方は要チェック!車庫証明や運転免許証、車検証の更新方法

引越し荷物は家具だけではありません、車も引越し準備が必要です。 移転先での車庫証明・運転免許証の住所変更の手続きや車検証についてスムーズな...

引越しの訪問見積もりで準備しておきたいことと注意点まとめ

引越し業者を選ぶ時見積もりをお願いしますが、どうしても訪問が必要ですか?準備するのはどんなところでしょうか? 引越し業者を選ぶ時や上手にお...

賃貸アパート・マンションの退去費用が高くなる原因と安くする方法

引越しには大きな出費がかかります。引越し準備や荷造り、役所や銀行などの住所変更手続き、郵便物の新住所への転送手続きなどを考えただけでも負担は...

引越し料金が安い時期はいつ?高い時期を避けてお得に引っ越す方法

「引越し料金はいつでも同じ」「業者によって料金が異なるだけ」だと思っていませんか。実は、引越し料金は1年を通して一律ではありません。 月、...

引越し業者で料金が変わるので見積もりは比較したほうが絶対お得!

さあ、引越しをすることになりました。あなたは、数ある引越し業者の中から、どのようにして業者を選ぼうと思いますか。 「前に依頼して良かったか...