引越しSOS

初めて一人暮らしする方は必見!揃えておくべき必要なものを総まとめ

初めての一人暮らしには、期待と不安が付きものです。一人での新生活を想像してウキウキする半面、家具や家電類、キッチン用品など、何を揃えたらいいのか迷いもあります。

そこで失敗せずに、無駄なく揃えておくべき必見の生活必需品をリストアップします。

進学や就職、転勤などで一人暮らしを始める場合、不安なく新しい生活を迎えるためにも是非、買い揃える前に参考にしてくださいね。

家具、家電類

一般的に、一人暮らしを始める際に必要な費用は50万円前後が相場と言われています。

一人暮らしでの生活に欠かせないものに加えて、あれば便利な物や逆に不要な物もあります。無駄な費用をかけずに、揃えておくべき家具や家電類をご紹介します。

一気に揃えると失敗するリスクあり

一人暮らしに不可欠な家具や家電類は結構あります。賢いショッピングをするためには、引越し当初は必要最小限の物だけを買い揃え、徐々に部屋の広さやインテリアなどに合わせて少しずつ買い足すのがベターです。

特に、大型の家具や家電類は引越し後、新たに買う方が何かと好都合です。

冷蔵庫や洗濯機、テレビなど、引越し初日から必要な物は入居する直前に購入しておき、入居日や入居後に配達してもらえるように依頼するのも良い考えです。

こうすると、引越し時の荷物量が少なくなり、引越し代の節約にもなります。

家電はまとめて同じ店で買うとポイントが貯まり、かなりお得!まとめ買いすることで、上手くいけば大幅に値引き交渉ができるケースもあります。

一人暮らしに困らない必需品とは?

初めての一人暮らしだと、生活の必需品と言われても、なかなかピンとこないものです。

引越し自体がメインなので、そっちに気を取られ、実際に必要な物を買い忘れるということも珍しくありません。引越し初日から生活に困らない必需品や有れば便利な物を揃えましょう。

一人暮らしに必要な家具類と言えば、ベッドまたは布団です。人生の三分の二は寝ている訳なので、「寝具」は不可欠です。

新生活では、慣れない環境や職場などで何かと疲れるものです。その日の疲れを、しっかり取るためにもベッドや布団などの寝具は自分に合ったものが欠かせません。

ベッドは適度な大きさが賢明

一人暮らしを始めると、最も多い悩みは部屋の広さです。どうしても、従来よりは狭い部屋となるので、大きなベッドは置くことができません。

大きいベッドはフリースペースが無くなるので、適度な大きさで探すのが賢明です。

おすすめのベッドに共通するのは、スペースを有効利用できることです。

収納付きベッドや高さで空間を有効活用するロフトベッド、ソファー兼用ベッドのほか、折りたたみ式ベッドや脚付きマットレスなどが良いようです。

収納スペースがある部屋には布団がベター

一人暮らしで狭いなりにも部屋に収納スペースがあるケースでは、布団がおすすめです。

布団なら好きな場所に敷くスペースさえあればOKで、押し入れなどにしまえば部屋を広く使えます。

ただ、布団を敷きっ放しにしそうな方は、カビに要注意です。少し面倒でも、カビの防止には毎日きちんとたたみ、定期的に天日干しなどの手入れが必要です。

折りたたみ式のローテーブルがおすすめ

勉強する時や朝夕の食事などで、テーブルも一人暮らしには大切な役目を果します。

ただ、大きな食卓テーブルなどはスペースを取るので不向きで、折りたたみ式のローテーブルが最適です。高いテーブルは椅子が必要なので、できれば低い方がベターです。

折りたたみ式なら、何かの場合には部屋の角に片付けられるし、寝る時にスペースも確保できます。テーブル次第では、小さな椅子一つあれば便利です。

収納ボックスやカラーボックスは有益

衣類や小物類をまとめて整理するには、収納ボックスやカラーボックスは有益です。

綺麗に整頓すると、部屋をスタイリッシュでお洒落に見せるので、上手に利用して清潔にしましょう。

冷蔵庫と洗濯機は欠かせない家電

今どき冷蔵庫がない家庭は、まず無いはずです。自炊するかどうかで冷蔵庫の大きさは異なります。

洗濯機も日常生活には無くてはならない家電で、容量4~5kgのシングル向けが一人暮らしには最適です。

夏場はほぼ毎日のように活躍し、スーツやシャツを着る場合はアイロンもあれば便利です。

買うならテレビは小型がおすすめ

以前はテレビは必需品の筆頭格でしたが、今ではパソコンや携帯電話でもテレビを見れるので、固定電話や新聞などと並んで必須アイテムではない感があります。

ただ、帰宅後の夜や週末などには、のんびりとテレビでも見たいのなら、小型テレビがスペースも取らないのでおすすめです。

キッチン用品

生活費を抑えるために、一人暮らしで自炊は必須です。その場合に必要な物がキッチン用品や食器類です。

衛生的に片付けるには食器棚も必要ですが、一人暮らしなら数は少ないのでミニ食器棚で十分収納できます。

自炊には電子レンジや炊飯器は重要

電子レンジは一人暮らしの必需品で、これさえ1台あれば、レトルト食品などを温めたり、料理までこなせます。電子レンジの種類はピンキリなので、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

やはり日本人なら、炊きたてのご飯は食べたいものです。鍋で炊くことも可能ですが、炊飯器なら手軽で、一人暮らし用の小さな3合炊き程度はある方が便利です。

掃除機は必需品?モップでも十分

一人暮らしや男性の場合は、なかなか掃除する時間がないようですが、賃貸のケースは掃除しないと退去時に思いがけない清掃費が追加されることもあるので、こまめに掃除機を使いましょう。

ただ、床がフローリングなら、モップで十分です。

そのほか、小物類では包丁をはじめ、まな板、鍋、フライパン、やかん、箸、スプーン、フォーク、コップ、皿、洗剤、サランラップなどを一式揃えます。

トイレ、お風呂用品

トイレやお風呂用品を選ぶポイントは、石鹸やシャンプーなどにはメーカー各社でさまざまな種類があるので、体質や髪質などに合う物を選ぶようにします。

お風呂用の洗剤は普通1種類あれば十分で、トイレ掃除にはブラシが効果的で欠かせません。

必需品のその他リスト

タオル、バスタオルは家で使っていた物で十分です。トイレットペーパーには紙が1枚のシングルと紙が2枚のダブルがあります。

そのほか、シャンプー、リンスなどのお風呂用品のほか、バスマット、歯ブラシ、歯磨き粉、ハンガー、ごみ箱、ティッシュ、傘などを忘れないように揃えましょう。

インターネットの契約前に知っておくこと

テレビ、新聞、ラジオに次ぐ第4のメディアと呼ばれ、今やそれらを凌ぐ勢いで成長を続けるインターネット。

水道や電気、ガスと並ぶほど重要な生活インフラとなってきています。一人暮らしで初めてインターネットを開設する場合、部屋に回線を引き込むと工事費が普通は必要です。

この工事を避けるため、モバイルデータ通信を検討する方も増えています。インターネットの導入前に検討するポイントを紹介します。

マンションやアパートにより同じ回線でも料金が異なる

一人暮らしでインターネット回線を使う場合、通常、マンションやアパートのような集合住宅では、部屋数で同じ回線でも価格が違います。

例えば、少なくとも4部屋以上での利用が条件で、16部屋以上ある集合住宅が最も安くなるケースがあります。

できれば少しでも安い回線を使いたいですが、各企業の料金は異なるので、相場を基準にして比較することです。

賃貸物件でのインターネット対応は、普通3タイプあり、それぞれ費用が違うので注意が必要です。

①家賃にインターネット料金が含まれている、②物件の部屋に回線が引かれている、③普通のマンションやアパートで共有スペースまで回線が引かれ、各部屋へは契約して引込み工事の必要がある場合です。

  • ①は家賃にインターネット代が含まれているので便利ですが、家賃はやや高めです。
  • ②は貸主が提携する回線を開通しており、各部屋にLANケーブルのコンセントがあるので、申込むとすぐに使えて料金も比較的安いです。
  • ③のケースは2年間の利用を条件として、工事料金は無料もしくは格安にでが、やや設置までの時間がかかります。

新規契約時のキャンペーン割引はお得

このキャンペーンでは、大きく分けるとキャッシュバックか商品が貰える特典、あるいは料金割引のどちらかになります。

代理店から申込みした時だけのキャッシュバックか商品プレゼントと、どこから申込んでも同じ回線なら同じ割引が適用されるNTTのような回線事業者の料金割引です。

ただし、次の3つのように、①契約だけでは特典はもらえず何らかのアクションが必要、②オプションで月額がアップする条件付き、③キャッシュバックが遅い場合、などがあるので気を付けましょう。

要注意はインターネットの割引料金です。これが適用されるのは通常2年間の加入条件付きです。

この条件で初期の工事費用が無料で、月額料金も割引してくれるのです。

ただし、途中で解約して違約金や回線の引込み工事代が無駄になるのを避ける場合は、モバイルデータ通信を使う方が無難です。

参考:インターネットを引越しする前に知らないと損するお得に契約する方法

モバイルデータ通信の場合

一人暮らしには、モバイルデータ通信がおすすめです。契約はwimaxのほか、イーモバイル、ドコモのXi、AUのLTEなど、電波の種類で分かれます。

メインのネット回線でモバイルデータ通信を選ぶならWiMAXがベスト!月に使用できる通信量に制限をかける帯域制限がないからですが、通常どれも7GBまでのデータ量でスマートフォンとほぼ同じ制限です。

仮に制限量を超えた場合は、ネットは使えますが通信速度が極端に遅くなるようです。

小物を揃えるのにおすすめなショップ

効率的に必需品を揃えるには、オンラインでまとめ買いし、引越し先の新居まで届けてもらえば楽です。

特に、最近ではネットで買った方が安いケースが多いので、オンラインショップを上手く利用しましょう。また、手ごろで人気の100円ショップなども見逃せません。

無印、ロフト、ダイソー、キャンドゥほか

人気の定番商品から最新商品まで7,500以上の商品を取り揃える「無印良品」や生活雑貨を扱うチェーンストア「ロフト」には個性的で比較的安い商品もあるので便利です。

もちろん、オンラインショップもあるので、利用しない手はありませんね。

ちょっとした生活雑貨なら、全国に店舗展開する「ダイソー」のほか、品質やデザインにこだわったおすすめ商品を揃える「キャンドゥ」などの人気100円ショップでも十分に調達できます。

オンライン通販なども利用価値あり

そのほかには、一人暮らし家具家電通販サイト「Debut!」をはじめ、トップバリュ商品などイオングループの通販サイトの「イオンショップ」、Fitsケースで知られるメーカー公式通販サイトの「テンマフィッツワールド」、寝具を安く販売する「ニトリ」、「amazon.co.jp」などのオンライン通販なども利用価値は十分です。

快適で有意義な一人暮らしを!

一人暮らしは部屋が狭いのが普通なので、あくまで必要最小限で生活に必要な物を中心にご紹介しました。

できるだけ無駄な物は省き、本当に必要な物だけ選んで買い揃えるのが賢い新生活のスタートです。

最初からあれこれ購入すると狭い部屋が余計に狭くなり、上手く収納し切れないこともあり得ます。

まずは最小限の物だけ揃え、生活に合わせて徐々に追加するのがベストです。どうか快適で有意義な一人暮らしをしてください!

 - 引越しの準備

  関連記事

引越し当日の流れをつかんでスムーズに!新居に移動するまでのステップを全まとめ

いよいよ引越し当日がやってきました。新居での新しいスタート、新たな環境に期待と不安で一杯ですね。引越し作業は、想像以上に心身ともに疲弊します...

引越しのダンボールを無料で調達する方法から詰め方や処分方法を全まとめ

引越しで1番面倒なことはどんなことでしょう?やはり家の中にある沢山の荷物を梱包することではないでしょうか どれくらいダンボールが必要なのだ...

引越し準備はいつから始める?スムーズな引越しのための5つの手順

新しい引越し先が決まりいよいよ引越し準備を始めます。そんな時皆さんは何から手を付けますか?逆にいつから、何から始めたら良いのかわからない方も...

引越し業者へのお礼はどうする?お金を渡す場合の相場や渡し方について

引越しをすることになり、引越し業者に頼んだ場合、気になるのが心付けやチップ、寸志、差し入れなどの「お礼」です。 本当に必要なものなのか、必...

引越し前の断捨離はメリットだらけ!捨て方のコツとケーツ別の対応方法

「断捨離(だんしゃり)」がブームになっています。必要が無い物を断ち、捨て、執着することから離れる、という意味で、整理法の一つです。 これか...

車に乗る方は要チェック!車庫証明や運転免許証、車検証の更新方法

引越し荷物は家具だけではありません、車も引越し準備が必要です。 移転先での車庫証明・運転免許証の住所変更の手続きや車検証についてスムーズな...

引越しの所要時間を短縮して早く終わらせるための7つの方法

引越し日当日は、やることがたくさんあって忙しいですよね。そんな中で引っ越しが長引くと困ってしまうので、少しでも早く終わらせたいところです。 ...

借りているマンション・アパートの賃貸借契約を解約する手続きの方法と流れ

住み慣れたマンションやアパートから引越すことが決まれば、賃貸借契約を解約しなければいけません。 賃貸物件の解約には、大きく分けると、「期間...

洗濯機の引越し準備は?水抜きの手順や買替え・処分時の注意点をまとめてみた

生活の基本となる「衣・食・住」のうち、「衣」を支えてくれる洗濯機。 最近は、便利なコインランドリーも増えていますが、毎日衣類を洗濯するには...

引越し退去時の掃除の目安とは?敷金返還へのポイントをまとめてみた

住居の各所には、日々の暮らしによって、ほこりや汚れが溜まっていきます。 きれいに掃除しているつもりでも、いざ引越しで荷物を運び出してみると...